関係を結ぶこと

人と会うことで神経がすり減っていく。
たった今、出会ったばかりの人との対話。その場の流れの中で、ほんの偶然、その人の人生に触れる事がある。それは思いがけず豊かで、重い。
そもそもその地域において、僕はよそ者である。そこにある境界を侵すこと、言いようの無い緊張感がある。


ユザワヤに行きたい

東京の友人に、画材を送ってもらった。こっちで売ってなかったやつ。
あるもので何とかするのが一番いいんだろうけど、今回はいろいろ試す時間がなかった。それに元々、頭で考えて計画を立てて制作するタイプなので。
こっち(山形)は、別に無いわけではないんだけど、品揃えに圧倒されるということはないんだよな。
圧倒して欲しいんだよね。イメージも沸くし。画材っていうか素材(マテリアル)。ユザワヤみたいな店があればいいのに。
浪人してた頃、西荻に住んでたんで吉祥寺のユザワヤにはよく行ってた。ハンズよりもユザワヤだったな、自転車でいけたし。


履修登録して思うこと

今日、大学の後期の履修登録をした。二年になってから結構授業取るようにしてたら、数えてみたら、選択の単位はこれで大方取り終わってしまう。あとは必修の演習(絵描いたりするやつ)だけ。
本当に美大なんてものは簡単に卒業できてしまう。
演習と言っても、僕の場合、絵じゃなくてもなんでも好きなことをできる。学校のカリキュラムとは方向性が合わず、そういうことに時間を取られるのも嫌だったんで、頼み込んで変えてもらった。今は何をやっても(やらなくても、たぶん)良い。
大学のシステムや講義の形態は本当にこれでいいのだろうか?
確かなのは、大学に期待してもしょうがないということ。自分で問題意識をもって何とかするべきだし。当たり前のこと。


メニューバー

このブログの上の方にメニューバーを付けました。といっても中身はかなり乏しいのですが。
まあ、徐々に改善していくつもりです。
今までの作品とか...どうしようか。載せるべきか否か...
迷うぐらいなんだから自信もないし、実際良くもないんだろうけどね。


スウィングガールズ

観てしまった...「スウィングガールズ」。母親が観たいと言うのでついて行った。
実を言うと、僕も少し見たかったので。
内容に関しては特に言うべき事も無いのですが、僕は単純な奴なんで、こういうのを観て素直に楽しめてしまいます。


タイヤ交換

ダンロップD605を前後。工賃、タイヤ処分代込みで¥23,145。
かなり擦り減ってて結構危ない状態だった気がする。「タイヤは命を乗せて走っている。」という看板を見つけてから、ハラハラしながら乗っていた。とりあえず一安心。


ヒッチハイカーがいた!

hitchhike.JPG
朝日町に行く途中、その人はいた。僕はバイクで走ってて、最初は通り過ぎた。でも、チラッと見たそのインパクトがでかすぎて、話を聞きたいと思い、引き返すことにした。
長く長く伸びたひげ、なんとなく中東っぽい服装、まるでビン・ラディンのような風貌。(失礼)
田舎の風景の中にこんな人がいることが違和感ありすぎる。なんというか、もう怪しいとかの次元を通り越してそこだけが日本でない!
滋賀県からヒッチハイクで旅を続けていると言う。
「なかなか止まってくれなくて大変だよね」と言いながらも、その状況自体を楽しんでいるようでもある。
しばらくして、気持ちのいい青年が止まってくれた。そして彼は笑いながら去って行った。