スタディ トリップにいってきた

デンマークから2人、スウェーデンから2人、留学生が来ている。彼らが山形の研修旅行に行くということで、その旅行に僕も誘っていただいて同行することになった。朝日町でのオープニングの翌日から2日間、すごくタイトなスケジュール。
yamadera.jpgyamadera2.jpg一日目 7時集合
・山寺
・最上川舟下り
・玉川寺
・羽黒山
・黄金堂
・由良温泉の旅館
二日目 7時起き
・十六羅漢
・玉簾の滝
・山居倉庫
・本間美術館
・土門拳記念館
・酒田市美術館
・海向寺
・善宝寺
多くの場所を回ってきたが、この中で自分が今まで訪れたことのある場所は、なんということか、山寺ただ一つだけであった。行ったことのない所に行けてラッキーではあったけれど。
留学生達は、何より観光地に付属するチープな土産物屋に興味を示していたように見えて、そんなものかなあと思ったけれど、帰りの車中、彼らに「どこが一番興味深かった?」と聞かれたとき、どっちかっていうと見ていなかったのは自分の方かも、と。
もう一つ、外国人と接する平凡人的発言をさせてもらえるならば、自分は自国の慣習や伝承を何も分かっていないということで。何にも説明できなかった。
英語もねえ、何とかしたいわぁ。


お知らせ ―中心市街地と小さな町―

さて、着々と、しかしぎりぎりな感じで準備を進めてきました、ささやかな展覧会が、27日日曜日よりスタートしますのでお知らせします。
特に初日、27日はオープニング演奏会、ワークショップとイベントが目白押しなので是非お越し下さい。
「Urban area & Small town Project ―中心市街地と小さな町―」
・上郷小学校  2005.11.27(日)~12.4(日) 10:00-18:00
朝日町上郷314
・霞城セントラル  2006.1.14(土)~1.22(日) 10:00-19:00
山形市城南町1-16-1
kisoku.jpg■オープニング演奏会
2005.11.27(日)10:00~上郷小学校 体育館
ヴァイオリン奏者 安部敦子さんをお迎えし、心温まる演奏会を開催します。
演奏会の後は温かい芋煮も用意します!
■ワークショップ
2005.11.27(日)13:00~上郷小学校 3階教室
―クローバーのカーテンをつくろう!―
プロジェクトのメンバーがワークショップを行います。どうぞお気軽にご参加ください!
このプロジェクトは、過疎化が進む山間部の地域と都市部においてはどのような違いが生じているのだろうか、というところから始まっています。それぞれの場所で展覧会を行うことでその違いを抽出してみようとする試みです。そして、今回は特に「規則」というテーマを設けました。それぞれの場所における「規則」の在り方。メンバーがそれぞれの解釈で取り組みます。


雨は夜更け過ぎに

kaidan.jpg雪になるだろうか。雑務をバタバタとこなしつつ、ストレスでずっと胃の中に重りがあるような気分。
ようやく作品制作に着手。階段をつくってる。
実は階段そのものが作品というわけでもなくて、階段は文字通り作品への足掛かりという存在。しかしながら、当然どっからどこまでが作品っていう線引きが簡単に出来るわけでもないので。
要は上に登れるっていう機能があればいいんだから、脚立かなんかで良いのではないか、手作りでつくってしまうと余計な意味性が生じるのではないか、などという風に迷わないでもなかったが、たぶんそこまで素っ気無くすることもないだろうと思い、そこら辺にあった廃材と新しく買った木材を合わせて、組み立てていく。この登った時のギシギシいって不安気な感じも、この作品に必要なのだ。そういうことにしておく。
大使館より申請書が受理されたとの手紙が、パスポートとともに送られてきた。これから申請書類がスウェーデンに送られ審査されるとのこと。


スウェーデンへ

報告します。
えと、来年1月から6月までの半年間、スウェーデンのKonstfack(コンストファック)という大学に留学することになりました。
動機としては、いろんな経験を積んでおきたいというのが一つ。あとは、自分の仕事を相対化させてみたいということです。結局のところ自分はどれだけやっていけるのか、そこに確信は持てるのか。結果、ある程度自分の能力に見切りを付けるということもあるかもしれない。出来得るならそうはせず、なんとか美術を続けていけるという判断を持つ事ができたらとは考えています。そのために最大限努力はしなければならないだろうし、経験値も上げておきたい。そのために環境を変える必要性を強く感じたし、誤解を恐れずに言えば、留学が手っ取り早く有効であるのではないかと考えたわけです。何故スウェーデンなのか、という問いには、よく考えてみたのですが、正直、特に理由はなさそうです。大学にKonstfackとの交換留学の制度があったから、という他はないかもしれません。この問いには、期間を終えた時に、スウェーデンで何を修得したのか、でもって答えるしかないだろうと思います。北欧というある意味辺境的な場所に面白味を感じてはいます。とにかくたった半年間なのだから、単なる観光旅行に終わらせないよう、気を付けたいです。基本的に制作だけすりゃあ良いわけです。短期留学なんてそんなもんだ、とも言われました。
今日は、ビザ(Residence Permit)の申請書をスウェーデン大使館に郵送した。ビザの申請には結構時間がかかるらしく、場合によっては(どういう場合かわからないけど)、最悪2ヶ月以上待たされることもあるそうだ。今から2ヶ月待ってたら向こうの学校始まっちゃう。果たしてビザがすんなり下りるかどうか、気がかりなとこが実はないわけではない。心配だなー。さてと。


テイクケア not to catch a cold.

季節は秋をすっ飛ばして冬に突入しつつある。雨がしとしとと降っていて、骨身に沁みる冷たさ。気を抜くと一瞬で風邪を引きそうだ。本当に手に掴めそうな、実体を持つかのような寒さ。
小学校の展示は、分かってはいたけど、前回より参加者が少なくなって小ぢんまりした感じになりそうだな。小さくても精度の高い展示にしたいとは思ってる。あれこれ差し迫ってきてもいるので、緊張感を持って集中して一個一個片付けていければと思う。
皆さんも風邪を引かないようにご注意下さい。


パワーブックはまだ買わない

決めた。ここは「待ち」の一手。
いつ購入に踏み切るかずっと思案していたが、決めた。powerbookはまだ買わない。気持ち的にはもう買う寸前まで来ていたがなんとか踏みとどまった。来年のintelベースのpowerbookもしくはibookを待ちます。
あちこちから仕入れた情報によると、intel powerbookは、
・PowerBook G4 Aluminumのデザインを多く引き継ぐ
・現行モデルよりも20-25%薄くなる
・iSightを内蔵
ということらしい。
25%というとかなり薄くなるような感じがする。とにかく持ち運びは必須条件だから、薄型軽量化は望むところ。
しばらくはこのNECのwindowsノートでやって行くことになる。それで、買い換える代わりに、メモリを増設することにした。元々あった256MBに価格コムの最安店で買った512MBのメモリを増設。合計768MBに。
しばらく触ってみたが、うん、けっこう速くなった気がする。なかなか快適。これからも頑張ってください。という気持ちで一杯です(本当はこのマシンで充分なんだろうなあ、僕は)。


小学校に再び

kamigo2.jpg朝日町、旧上郷小学校。去年もやりましたが、今年もここで展示をします。今日は下見に行って来ました。
廃校。使われていないのだから下駄箱に内履きがあるわけでも机に教科書が並べてあるわけでもない。かといって綺麗さっぱり片付けられていて何にも痕跡がないわけではない。置きっ放しの、持ち帰られなかった道具が、えも言われぬ寂寥感を引き立てる。差し込む光がとてもきれい。
体育館に入ったら必ずバスケを始めるのは習性か。誰もいない体育館ではボールの音が良く響く。
山形から朝日町まで行く途中、道に迷ってしまった。勘を頼りに山道を走る。迷ったおかげで紅葉を見ることが出来たりするのだ。


眼鏡・megane

megane.jpg眼鏡を新調しようかなと思って、眼鏡屋に。
眼鏡屋では(まあ服屋とかどこでもそうだけど)、店員の目がすごく気になってしまう。脇に店員に立たれると試着するのを躊躇ってしまう。売り物に顔の脂が付いてしまうから。
「これは人気があってなかなか手に入らない」、「数が少ない」、「ここでしか買えない」。色々勧めてくれるんだけど、上みたいな言葉にはなんだか全く食指が動かなくなってしまってる。なんだかこの店で買いたくなくなっちゃったなー。
結局の所、大事にしたいのは「掛け心地」なのである。そういう意味では今の眼鏡はすごく気に入ってるんだけど。眼鏡ってしばらく掛けてるとすごく疲れたり頭が痛くなったりする。そういうのってお店でちょっと掛けただけじゃ分からない。試しに一週間くらい貸してもらえるサービスとかないのかしら。