山形 道の駅 買い食いライド

悪い癖なのだが、以前はろくにものも食べずに自転車に乗っていることがけっこうあって、そんなときはたいてい途中でヘロヘロになったりしていたのだ。そんな癖を改めようと、「道の駅買い食いライド」という、その名の通り途中途中の道の駅で買い食いをしながらツーリングをするというのを思いつき、最初に回ったのが5月。それはサイクリング日記にしようと下書きまで書いていたのだが、なんとなく公開していなかった。

そうこうするうち、つい先日、同じコースを回ってきた。2回分、並べて書いてみる。

 

5/25土曜日 午前8時42分

というわけで出発。まずは山形市街地から県民の森方面へと向かいます。ルートは山越えからなんだよな…。延々続く上り斜面。出だしからエネルギー消耗がはなはだしい。それにしても、人の体は食べものをとることによって動くのだという単純な原理を、自転車に乗ることで初めて実感しましたよ、ほんとうに。エネルギーが枯渇すると人はほんとうに動けなくなる。それはそれで新鮮な感覚であった。ああ、自分はリアルな生き物なのだなあ、みたいな。

県民の森を越え、大沼を通り過ぎ、道端にある亀の子の湧き水で給水。冷たくておいしい。ボトルも満タンに。

7/20土曜日 午前8時58分

8時には出たいと思っていたのが、いつだって出発は遅れがちになる。今週は雨の多い一週間だったが週末は土日とも晴れると誰かが言った。いきおいペダルを踏み込む脚にも力が入った。さあまた行くのだ。走りに。あるいは食べに。走るには食べなくちゃいけないのだし、食べにいくためには走らなくてはいけない。

県民の森を上りきり、水分補給を行うべく亀の子の清水で小休止。亀がすごい勢いで水を吐いている…。いつもはちょろちょろと垂れているだけなのに。先日の大雨の影響か。

20130525亀の子の水

20130720

 

【第1エイド】白鷹ヤナ公園 あゆ茶屋

お次は下り。山を一気に駆け下りて白鷹町内へ。287号に折れて少し行くと、道の駅「あゆ茶屋」に到着。なにはともあれ名物の鮎の塩焼きをいただきましょう。この塩っけが塩分補給になります。ついでにやな場を見学。「日本一のやな場」と謳っているわりに、降りてみるとゴミがけっこう…。こんなところで鮎なんかとれるんかいな。

いやはや最上川は真っ茶色。こりゃ大変だ。やな場はとんでもないことに。とはいっても、川がこんな有様だからね、今日は鮎はないんですよ、とは言わずに売店ではあいかわらず鮎が焼かれている。この鮎はどこから来たものなのか。まあどこからだって構いやしないが、今日は鮎はやめておこう。豆腐田楽、それときゅうり漬け。

20130525あゆ塩焼き

20130720

 

【第2エイド】道の駅おおえ

最上川沿いを北上。快調に飛ばして行こう。本日は晴天なり。朝日町のりんご温泉を通り越し、大江町の道の駅へ。こちらでは韓国の屋台が出ています。チヂミかチャプチェをいただきましょう。この前はチヂミを食べたので、今回はチャプチェ。これがたいへんおいしい。「キムチも少しもらえませんか?」とおねだりすると、どっさりのせてくれました。すばらしい。わらびのキムチが美味。

ここまでの行程で60kmくらいか。少し疲れてきたころですが、次のエイドまでは距離が近いのでリズムよく進みます。

コーヒー牛乳のような最上川。本日の天気は良好。しかし先般の大雨ではあちこち土砂崩れがあったと聞いている。この道にも泥が流れたような跡が残っている。土砂なんかで道を塞がれたら、たちまち立ち往生だ。ロードバイクが走れる路面条件なんて、じつはかなり限られたものだ。そうした潜在的不自由さを抱えながら、にもかかわらずある一定の条件が整ったうえでは蝶のように軽やかな自由を夢見させてくれる、そんな乗り物を駆りつつ、大江町の道の駅にたどり着く。

楽しみにしていた韓国料理の出店がなかった…。今日もチャプチェにキムチをサービスしてもらって食べようと思っていたのに。代わりに、あんドーナツ1個。

20130525チャプチェ

20130720

 

【第3エイド】チェリーランド

道の駅寒河江、通称「チェリーランド」。よくわからんが大変なにぎわいである。食べもの屋もたくさんある。アイスが有名ではあるけど、ここではトルコ料理の屋台から一品、ドネルケバブを頼みましょう。スライスした肉はボリュームたっぷりで、お腹に充実感が得られることでしょう。自販機でコーラを買って、寒河江川の土手で食べる。家族連れがわあわあ遊んでいる。のどかですな…。

シシケバブを頼むと、5分くらいかかるという。なので、すでに焼かれてある肉を挟むだけのドネルケバブにした。ケバブを土手で食っていると、「どっから来たのか」と聞いてくるおじさんがいた。話を聞くと、ご自身も自転車に乗られている60いくつのお方。この前のツールドさくらんぼにも出たとか(あれ、最年長で出た人じゃなかったっけ)。人と一緒に走ると楽しいよ、と諭された。それに、独りで走っていると自分に甘くしてしまうからね、と。

そうですなあ。たしかに、もう少しがんばって早く来ていればよかったなあ。というのも、本日ここチェリーランドには安倍晋三総理大臣が来ていたのであった。つい先ほどまで街頭演説を行っていたらしい。ちょうど終わったところに到着してしまった。あと20分、いや5分だけでも早く来ていれば選挙カーの上に立つ首相のお姿を拝見できただろうに。

20130525

20130720

 

【第4エイド】道の駅 河北

チェリーランドから河北まではすぐそこ。秘伝豆ソフトクリームをぺろり。

河北町の道の駅、ここはソフトクリームくらいしか食べものの選択肢がないかと思っていたら、豆乳レアチーズケーキというものもあった。それも200円で安い。ぱくり。

20130525

20130720

 

【第5エイド】道の駅 天童温泉

最終エイド、「天童温泉」。ここの一押しはなんだろう? 暑いからかジェラートが人気のようだが、アイスはさっき食ったしなあ…。けっきょく中の売店で盛りそばを注文。ずるずる。ついでに足湯にも入っていきましょう。お湯が熱っ!

あとは山形市に帰るのみ。残りの道のりもあとわずか。これくらい食っていればエネルギーは充分。というか、お腹がいっぱいになった…。普段は小食でも、自転車に乗ればそれなりの量を食べられるものである。

午後4時2分 家に到着。109km。

天童温泉はジェラートのダブルで。イタリアンバニラとトマト。

断水で足湯もトイレも使えません、とのこと。これも大雨の影響か。かたや河川は増水、かたや水道は断水。水の流れというのはかくも不安定なものだ。人間の体だって同じである。自転車に乗ってちょっと走ってみれば、少なくない分量の水分とエネルギーはあっという間に失われてしまうだろう。だから、食べられるだけ食べること。口に詰められるだけ詰め込み、もぐもぐと咀嚼し、ごくりと飲み込むこと。それが、あやうい均衡を瀬戸際で保ちながらもなんとか生きるために走ることを可能にする、たった一つの処方なのだ。だから、食べること。もっとたくさん。

午後3時5分 家に帰ってほぼ100kmぴったし(前回のが距離が長いのは天童で道に迷ったため)。

20130525

20130720

 


0728

実家には伊勢丹の地下で買ったルバーブのジャムをお土産として持っていった。開封して食べてみた。うん、おいしいおいしい。おいしいけれどもそんなに驚くほどおいしいわけでもない、というか、そのために買ったのだが、ルバーブの味はこういうものなのだというのが確認できたのでよかった。実家の庭で育てているルバーブも、ルバーブだと思っていたけれどじつは見当違いのものだった、ということがなくてよかった。いや、わが家のルバーブのジャムも食べ比べてみたけれども、今年の出来はやっぱりよさそうなのだ。


0727

空はグレー一色。天候が悪いのはわかっていたが、ひとまず雨が落ちていないので走りに出かける。今週は一度でも乗っておかないとまずい。来週は遠出を考えているので、あまり脚をなまらせたくないのである。山の中でざあっと降られたがしばらくすると収まった。50km。

午後、緑町のつい最近オープンしたばかりの洗心庵を見学しに行ってきた。何の施設かというと…よくわからないが県の生涯学習センターの分館ということだ。ギャラリーとしての貸し出しもやっているらしい。庭園が凝っていてすばらしい。自然の縮図というか設計者のエゴというか。もともとはどなたか偉い人が住んでいたところを改修したそうだが、そう、住むのにいいと思う。住むとしたらこんな家がいいなあ。

図書館に近いのもいい。ついでに立ち寄って本を返して借りるなどをする。髪を切りに行き、実家に行く。


0726

一週間もまた過ぎた。つねに週末を待ち望む心持ちで日々を送ってはいるけれども、こんなに早く迎えていいのか、というくらい時間は早く過ぎているように思われる。雨降りが続いている。堀江敏幸『河岸忘日抄』を読んだ。この一週間の朝の30分と夜の60分をこの本を読むのに費やしていて、その時間が一番心地よい時間だった。マイヨ・ルージュを着た美しい女性が自転車に乗ってやってくるという一場面があるのだが、それはたいへん美しい光景だろうと感じ入った。この本に出ていたチェーホフやクロフツなども読んでみたい。


|  

0721

ツールドフランスは今日が最終日か。これまでの展開をハイライト動画だけちょこちょこ見た。いまさらいうのもなんなのですが、自転車ロードレースってむちゃくちゃおもしろくないですか…? なんなんでしょう、あれ。ちょっと異常ともいえる行軍が、狂気の舞台が、それも連日繰り広げられるという。そして今夜はパリのシャンゼリゼに凱旋するのである。

私の本日のツールは、県民の森から山辺へ。そして清住町を凱旋。50km。

ちょっと山寺の芭蕉記念館を見学に行く。その後、サンドウィッチを買い込んで山辺温泉に行く。温泉→大広間で読書→昼寝のパターン。夕方、投票行かないとなあ。


0720

県民の森を抜けて白鷹へ。白鷹から大江町、寒河江と回ってくるコース。その通り沿いの道の駅で買い食いをしつつ、という、前に回ったのと同じコースを走る。寒河江の道の駅チェリーランドには昼過ぎに到着したのだが、かなりの人だかりができていた。なにかと思ったら、なんと安倍総理が街頭演説に来ているらしかった。ちょうど演説が終わって帰るところらしかった。近寄って一目見てこようと思ったが、人の頭に遮られて見えそうで見えなかった。

家に帰るなりジャージを洗濯機に投げ入れスイッチを入れ、かすみが温泉に直行。汗を流して家に戻る。洗濯物を干す。ブックオフに行く。あれこれ文庫本などを買う。本との巡り合わせがよく、10冊くらい買えた。よかったよかった。店内で長時間を費やしたあげく、なにも買うものが見つからなかったときのむなしい徒労感を味わうことがなくて済んだ。ワインのコルク抜きを100円ショップで買おうと思ったら売っていないのでわざわざ調理用品店に行く。そしたらあと2分で閉店という時間で「蛍の光」が流れている。まいったな。2分で買い物を終えるには品物のありかを店員に聞くしかない。聞いてしまったら、値段が高くても「やっぱり買いません」とは言いづらい。などと迷っているとあと1分…、えいっと飛びこんで10徳ナイフの3徳しかないようなやつを購入。ソムリエナイフというの。


0715

何となく今日は自転車に乗らない日と決めていたので、雨だろうが風だろうが心は穏やかなものだ。午前中はマックに行きネットをつなぎ溜まった未読のRSSの流し読みをし、日記を書き、お昼近くになり店が混みはじめたところで家に帰る。

家ではご飯を炊いてヤマザワのメンチカツを食べた。ラタトゥイユとたまねぎの酢漬けを作っておく。今週の一週間分の料理はこれくらいで、後はスーパーのお惣菜を買って腹を満たすつもりらしい。

午後は一定のリズムで首を振る扇風機の微風を浴びつつ読書の時間とする。そのまま午睡にふける。うとうとするがなによりの幸せ。『六つの星星』川上未映子対話集を読み、堀江敏幸『彼女のいる背表紙』を途中まで読んで一日が終わった。


|  

0714

朝は雲間から日差しも見えて、「今日こそは」と意気込んで自転車乗りに出たのだったが、またもや途中で雨が降るのであった。もういい加減にしてくれ。

講談社現代新書の『ツール・ド・フランス』(山口和幸)を読む。ツールドフランスを長年取材している記者がその歴史と人間ドラマを綴った本、ではあるのだがこんな本なんか読んでいるよりも、いままさにツールドフランス100回記念大会の熱戦が繰り広げられている真っ最中なのだからそれを見ればいいじゃないか。うん、でもテレビもネットもない生活なので。


|