かみのやま温泉555年、あるいはiPhone 5cの記念に

23030007
今年のツールドラフランスは555回記念、ではなく、かみのやま温泉開湯が555周年ということで、55、5kmコースの新設と定員も555名へと増えたらしい。それで、そうかそうか今年は出てやろうかと思ってエントリーしようとしたら、とっくに定員オーバーで応募できなかった。募集が始まって3、4日のことだった。早すぎだろ。どんだけ人気なのか。やれやれ。

とはいえ天邪鬼な性格なので、人気のあるイベントには出なくてもいいか、という気がしなくもないのだが、それでも、なんとなく今年は出たかった気がした。

ツールドラフランスが私の原点、とまでは言わないにせよ、自転車の乗りはじめの頃に初めて参加したイベントだった。とても楽しかった。でもその次の年も参加したら、同じコース、同じ休憩所、同じ芋煮、とイベントの展開が同じように進行し、というか自分が撮ってる写真が同じようなところで同じように撮ってるなあと気づいたので、3回連続はいいかと思って去年は出なかった。今回はよくわからないけど記念のようだし、コースも長くなる、今年のラフランスはひと味違うようだぞ、と期待した矢先にこれだ。まあいいや。
いいやと思いつつ後ろ髪を引かれる思いがあるのかないのか、気がつけば、とある秋晴れの日のサイクリングはツールドラフランスの会場となる上山市に向かっていたのであった。まあ、あんまり来ないところだから、上山城でも見物して帰ろう。

この市役所広場をスタートして、ラフランスと芋煮を求める55、5kmとやらの旅路が始まるわけだ。距離も距離だからそこまで苦しい思いもせず、ただひたすら楽しいだけの、穏やかな、和気あいあいとした旅路となるに違いない。ふうん、別にうらやましくなんかないけどさ。

23030010

23030008

 

上山から戻った僕は、ドコモショップに向かう。iPhoneを受け取りに。

そう、スマホさえあればよかったのだ。募集が始まった日には、知人にわざわざ知らせてもらっていたのだ。そのときすぐエントリーを済ませていれば…。ところが家ではネットも使えないしスマホの類いも持ち合わせていない、そんな環境に僕はいた。

それでいいと思っていた。でも時代の趨勢は違うらしい。人はスマホで瞬時に自転車イベントに参加しているというわけだ。スマホがなければスタートラインにも立てないのが現代なのだ。

折も折、iPhoneがドコモから出るというので、ずっとドコモを使っていた身としてはこれでよかろうというわけで、ネットでiPhone 5cの予約をし、けれども取りに行く時間がなく、発売から1週間も過ぎてからようやく取りに行ってきたんだとさ。来年こそは。

23030006

 


プラムのタルト

20130923

 

河原で芋を煮る会が行われたので、差し入れのためにタルトが焼かれた。タルトはプラムをのせて焼き上げられた。真夜中に眠いまま作られたため、オーブンに入れて焼き上がりを待つ間に作者はそのまま眠りに落ちたようだった。朝オーブンから取り出して見てみると、余熱でちょっと焼き過ぎた感じとなった。

「差し入れ」と書いたが、実は芋煮に合わせて作ったというよりも、つい口を滑らせてしまった「お菓子を作るのが趣味で…」という発言を聞いた心ない人たちの「作れ作れ」の重圧に負け、しょうがなく作製された、というほうが実情に近かったようである。


駝鳥と僕とBMC

20130914

 

こんなところにダチョウがいるのか。体長の半分ほどもある細長い首。胴体に不釣り合いな小さい頭部。まじまじと見れば見るほど、ダチョウというのは変わった生き物に見える。頭をもたげ、こちらには意にも介していないふうで、焦点の合わない物憂い目をどこかへ向けている。落ち着いた、何かをあきらめているようなゆっくりした動作。ダチョウを見ていて、妙に物悲しく感じるのは、なぜだろう。

高村光太郎の詩に「ぼろぼろな駝鳥」という一篇がある。

 

何が面白くて駝鳥を飼ふのだ。
動物園の四坪半のぬかるみの中では、
脚が大股過ぎるぢやないか。
頸があんまり長過ぎるぢやないか。
雪の降る国にこれでは羽がぼろぼろ過ぎるぢやないか。
腹がへるから堅パンも食ふだらうが、
駝鳥の眼は遠くばかり見てゐるぢやないか。
身も世もない様に燃えてゐるぢやないか。
瑠璃色の風が今にも吹いて来るのを待ちかまへてゐるぢやないか。
あの小さな素朴な頭が無辺大の夢で逆まいてゐるぢやないか。
これはもう駝鳥ぢやないぢやないか。
人間よ、
もう止せ、こんな事は。

 

抑圧され自由を奪われることへの悲しみというか憤りが直情的に吐き出されている強い詩だ。しかしまあ、飼われている動物は他にもいるわけで、とくべつダチョウを飼うことだけが悪いことではないだろう。飼ったっていいではないか。

ただ、気にかかるのは、そこまでぼろぼろではないこのダチョウと対面したときに感じる、この印象、この物悲しさを湛えた印象はなんなのだろう、ということだ。ダチョウとはもともと悲壮感を喚起させる動物なのか。そうかもしれないし、そうでないかもしれない。

それはなんだろうな、つまるところ、そのときその場所で、このダチョウは無言で語っていたような気がしたのだ。それこそ「もう止せ、こんな事は」と。止そう止そうと思っていることは、大概にしたほうがいいですよ、と。あの虚ろな目で見透かされていたかのようだった。僕の、このろくでもない生き方を。

 

ルートのおさらいを簡単にしておこう。

スタートは県民の森から。いつもの上り道。いつもの給水所。

20130914

 

朝日町へ下って行く。ここからいつもの道ではない、初めての道を走ってみる。観光案内所的ななにか。あるいはカフェ的ななにか。立ち寄りはしないけれども。

この辺の道の見え方もいいな。緩やかなV字の斜面で、道の先が迫り上がって見える感じ。橋のかかっている感じ。その場その場の道は一瞬で過ぎ去って行くけれど、こういうちょっと心に残る風景がちょっとずつ蓄積されていって一つライドが一つの物語になるのだと思った。

20130914

20130914

 

案内標識に従って「Asahi自然観」へ。二度目の山登り。けっこう傾斜がきつかったけれど、まあ終わらない坂道もないので頑張ってこらえていれば、どこかには着くのだ。ホテルのような建物にたどり着いた。ホテルの売店というかフロントでアイスを買って食べる。正面玄関に冷たい足湯がある。

20130914

20130914

 

前々から思っていたのだが、「Asahi自然観」とはいかなる場所なのか。この辺り一帯が、自然というのはこういうものですよ、ということなのか。駐車場の奥にダチョウが飼われていた。ウサギもいる。

20130914

 

山を下って、大江町の道の駅、桃とぶどうを食べる。あとは帰るだけ。だけど、だいぶ疲れてしまった。お昼くらいまでには帰るくらいの感じでと家を出たが、思ったよりだいぶ走った。天気は暑すぎず、大変走りやすかった。

20130914

 


0906 ボンシュール

2013-0906

 

皿の上にいろんなものが乗っているという状態はなんとなくいい。味としては特に抜きん出ているなあと思ったのがこの豆。噛むと驚くほど味が広がった。品種はなんていったんだっけ。湯上がり美人? そんな品種あったっけ。次の皿はコーンポタージュで、魚は真鯛の酒蒸しだったかで、肉は牛フィレ肉のステーキと続く。

チーズケーキはレモンの効いた好きな味。ココナッツのアイスもさわやかでおいしい。デザートは別腹というような言い方をするけれど、やっぱり同じ腹なのであって、だいぶいっぱいになった腹にさらに満杯にまで詰め込んでいく充足感がなにより醍醐味である。食事というのは、いやあ楽しいものだなあ、と思う。

しかしこういうコース料理を食べると言うのは、普段の目線で考えると、高すぎるんじゃないかとか、価格と釣り合っていないんじゃないかというような損得勘定をしてしまうところもあるのだが、いやそういうことではなく、もはや普段の食事とはまったく別のことをしていると思っていたほうがいい。


天童高原を上り季節は秋へ

20130901

 

住んでいるのは山形市の西側の方だから、どちらかと自転車に乗るのも西に向かって走り出すことの方が多い。すぐ街中から外れて信号も車通りも少ない道へと向かうことができるから。東寄りの天童方面にはあまり出向くことがなかったのだが、たまには行ってみましょう。少しは行動範囲も広げていかないと。

 

果樹園の道を通る。果物の、甘く発酵したような、鼻を刺激する濃密な香りがする。このへんはこういう道なのだなあと思う。それぞれにそれぞれの道がある。

天童高原へ向かう。上りに向かうのは前よりも億劫ではなくなった。前は坂道なんかちっとも走りたい気持ちにならなかったのだが、いまはまあそれなりに、坂があればまあ頑張って上ってみようか、くらいには思う。自転車も段階を経て乗り方が変わってくるものだ。

20130901

 

途中から道路の舗装工事をやっている。行けるかな。まあ、砂利を避けてソロソロと行ってみましょうか。

20130901

 

ロープウェーに到着。意外にというか閑散としている。もうちょっと上のキャンプ場までいくと、テントを張っている人たちもいたけれど、なんとなく、夏も終わったのだなあという感じである。

20130901

20130901

 

山を下りたところで、コンビニ休憩。休憩が必要というよりも、たぶんカロリー摂取が必須なんだよなあ。意識して食べるようにしているのだが、それでもまだ足りないのだろうか。

20130901

 

東根へ向かう。体育館のわきに知らないうちに遊び場ができている。産直の店も通り過ぎたが、お金を持ってこなかったのが悔やまれる。数百円で桃を食べたいだけ食べられたのだよなあ。そうか、もう桃や梨やぶどうの、果物の季節なのだ。

20130901

 

空港あたりで折り返して、山形へ帰還。
かすみが温泉に行って汗を流すのはいつものパターン。ヤマザワでお昼の弁当。ぶどうも付けて。

20130901