That is the purpose of life

週末日記。土曜日。朝、散歩、天気がいい。青空が出ている。光が雪に反射して眩しい。TUTAYAに行くと準新作が100円だったので、準新作だけ選んで借りる。店先で椅子とテーブルを並べているパン屋があって、冬の間はビニールのカーテンで仕切りをして中でヒーターも焚いている。パンを買って店内でコーヒーをもらって、そのビニールハウスみたいなところで休憩をする。寒いといえば寒く、でも今日などはそんなに厳しい寒さでもないので、置いてあるブランケットを借りて、少しそこに居て本などを読んでいた。

午後、ジムに行く。今日はまあまあ調子がよく、いつものエアロバイクは最大心拍数の70〜80%くらいで収まる。

夜、キッシュを作るなど。キッシュは焼いてすぐ食べようと思っていたけど、生地を作っておくのを忘れたので出来上がりが遅くなった。なので、夜ご飯は買い置きのピザを食べた。

夜、借りてきたDVDで『ブルージャスミン』(ウディ・アレン監督)を観る。途中で眠くて寝る。

日曜日。部屋の片付けに取りかかる。どうにもこうにも片付けがしにくいなあという感じで、どうしてかと考えたのだが、ものを収納する箱とか棚とかが一切ないからなんじゃないかと思った。だからものの定位置が定まらず、いつも机やソファや床の上にごちゃごちゃに置いてあるのだ。でも収納家具などを導入したらしたで狭い部屋をより狭くしてしまう気もするので、一番いいのはやはりものを持たない、置かない、片っ端から捨てていく、ということである。方針が決まったところで疲れてやめた。ジムに行った。

『LIFE!』(ベン・スティラー監督)を観る。最高によかった。「LIFE」誌の写真管理部に勤務するウォルターの冒険譚である。最終号の表紙を飾る写真のネガが見つからず窮地にたたされたウォルターが、ネガを送りつけたフォトグラファー、ショーンに会うため世界へ旅に出る。地味な仕事に従事し、若い上司にばかにされ、臆病で女性に声を掛けられない…「どうせお前もこんな奴なんだろ」というかのような、いかにも共感を得ようとする製作者の意図が透けて見える主人公の姿だが、私もたいへんうだつの上がらない人間なので(そして写真にかかわる仕事も多少しているので)、大いに共感し、感情移入し、爽快感を覚えた。ほんの少し勇気でもってこの退屈な日々から一歩外れたとき、人は自分の人生を素晴らしいと思うのだろう。


平日日記(1/19〜23)

月曜日。雪。ソーセージともやしを入れて焼きそばを作り、白菜をコンソメで煮てスープにして夕飯にした。

火曜日。ジムに行く。エアロバイクでいつもの負荷で漕ぐ。この負荷だとそのうち必ず「心拍数が高すぎます」の表示が出てしまう(たぶん最大心拍数の90%?に達すると出る)のだが、今日は一度も出なかった。心肺機能が強化された。帰って、昨日の焼きそばの半分を食べる。

水曜日。スーパーで買った鍋焼きうどん、ピザで夕食(組み合わせはどうかと思う)。夜、DVDで『ココ・アヴァン・シャネル』を観る。シャネルの伝記映画。

木曜日。ジムに行く。エアロバイクでいつもの負荷で漕ぐ。一昨日と同じ負荷なのに、あっという間に心拍数が高くなり大変苦しかった。汗もダラダラと吹き出し、そのまま続けていられないほどだったので負荷を下げた。心肺機能が衰えた。この辺の心拍数とか適当に見ているだけなので、本当はちゃんとした科学的な心拍トレーニングのやり方を覚えたほうがいいのかなあと思う。帰って夕食。おでん、ハンバーグ、白米。

金曜日。おでんの残り、のり巻き。マックに行きチーズバーガー1個とコーヒー。日記を書いてブログを更新した。


全ての装備を知恵に置き換えること

週末日記

土曜日。朝に本を読む。石川直樹『全ての装備を知恵に置き換えること』を読む。活動の規模はぜんっぜん違うけれども、私が自転車に乗るのも要は冒険なのだと思っていて、だから、ほとんど宗教なんじゃないか、みたいなところもある次の文章も、けっこう分かる気がするというか、やっぱり私の実感とどこかで通じているように思う。

正面にあるチョモランマの頂上ピラミッドを見つめながら、やがてその直下に立って頂きをを仰ぐまでの時間、それは人生の幸福といってもいい。宇宙と対面し、発する光を全身に浴びて歩くこと。たとえそのすぐ先で滑落しようとも、この瞬間瞬間に確かに自分が存在していることが、ぼくにとって生きている喜びなのだと思った。

日曜日。いろいろと用事を足すのによく歩いた日。サイズが大きくて歩きにくいと思っていたブーツも靴下を2枚履いて紐をきつく縛ったら具合が良かった。歩いてDVDを返しに行き、また借りて歩いて帰る。歩いてジムの風呂に行く。

夜、DVDで『ヤング・ゼネレーション』を観る。とてもいい映画。自転車好きでイタリアかぶれの主人公デイブがかなりいい奴。ああ自転車、超好きなんだなっていう感じで。そのデイブとつるんでいる、大学にも行けず、かといって仕事もせず悶々と悩んでいるダメな仲間連中もまたいい。最後にチームで参加する自転車レースもあからさまにやる気がなく、デイブが怪我をしたからしょうがなく走るくらいで、結局はデイブ一人しか頑張っていなくて、でも優勝して皆でわあーっとなるのがいい。


平日日記(1/13〜16)

平日が4日で終わった。週休3日というのはとてもいい。休みもたっぷりあるし出勤日も少なくなる。あと最近は早めに帰るようにしている。ワークとライフのバランスでいうなら、もっともっと前者の負荷を減らしていかないと私の中ではバランスがとれない。

火曜日。休みの日に見れなかった『ウルフ・オブ ・ウォール・ストリート』を見はじめるも途中で眠くなり、一時停止をして、そそくさと布団に潜り込んで寝た。

水曜日。ジムにでも行こうと思っていたのだが、家に到着するとすぐ会社の携帯に着信があった。出てみると緊急の案件(と書くと何かたいそうなことのようだが本当はどうでもいいっちゃどうでもいい)で呼び出しがあり、高級料亭に連れていかれた。もちろん、そこでいい思いをしたとかではなく、ただの仕事の現場である。そこに行く前に、夕食はまだ食べていないというと、すき屋で牛丼をおごっていただいた。これから向かう場所に比べて、なんともまあ、しみったれている…とは思わず、仕事とはいえふつうなら敷居も跨げないような高級料亭に足を踏み入れるという、それだけでたいへん身に余る有り難いことであり、感激で胸がいっぱいとなっていた私は牛丼もろくに喉を通らなかった。

木曜日。ジムに行く。その後、不注意でちょっとした失敗があった。あーあ、と暗い気分で『ウルフ・オブ ・ウォール・ストリート』の続きを見る。ディカプリオ演じるジョーダン・ベルフォードのデタラメな人生がとっても爽快で、それに比べれば、自分なんかが慎ましい間違いを犯しても、そんなのまったく取るに足らないことで、いささかも気に病むことはないのだ、と気持ちが大きくなった。

金曜日。本を読む。数ページ繰るだけで眠くなって寝る。夜はすぐ眠くなる。


いちじくのガトーショコラ

75800031

先週焼いたガトーショコラがこちら。いちじくのラム酒漬けを入れてみました。なんとなく形がきれいに出れば面白いなと思ってクグロフ型で焼いたのですが、きれいに抜けず失敗でした。形は崩れましたがチョコのしっとり加減もイチジクのプチプチの食感もけっこう良くて、充分上出来だと思いました。


週末3連休日記

土曜日。朝4時くらいに目が覚めて、もう一度眠りにつこうと思ったけれども、寝られず、布団の中でうとうとしたままラジオを聞いたりする。6時にゴミ出しに行き、そのまま少し散歩する。家に帰って朝食を食べていると宅急便がやってきた。午前中指定だったけど、けっこう早い時間に届けに来てくれてよかった。家で待たなくてもよくなったので、外に出かけ、マクドナルドに行き、コーヒーを飲みながら読書。金井美恵子『待つこと、忘れること?』を読む。料理に関するエッセイ集。その後、スーパーに食料品の買い出し。パン屋でバゲットを。

休み中にやろうと思っていたことの一つが料理をする、ということで、去年とある料理教室で教わったものなのだけれど、コック・オー・ヴァン(鶏の赤ワイン煮)を作る。フライパンにニンニクを入れて香りを出し、鶏肉の表面に焦げ目が付くくらい焼く(中まで火が通らなくてもいい)。それをよけておいて、ベーコンと玉ねぎとマッシュルームを炒め、鶏肉を戻して赤ワインを入れて煮る。肉に火が通ったら具を漉して、赤ワインの煮汁を煮詰めてとろとろのソースにする。付け合わせにはじゃがいものピューレ、と習ったけれども、そのときみたいにバターを贅沢に入れないで、固めのマッシュポテトという感じのものを。

一通り出来てからジムへ。筋トレ少しとエアロバイク40分。ようやく40分(の退屈)を耐えられるようになってきた。夜、家に帰って赤ワイン煮を温め直して食べた。

日曜日。午前中は掃除など。自転車も去年最後に乗ってからそのまま放置していたので、少し掃除。泥を拭いて、チェーンを洗浄して注油する。ピカピカに磨き上げる、というのは趣味じゃないのでやらないけれど、バイクショップに持ち込んでも眉をしかめられない程度にはしておかないと。いつでもホイール交換ができるように。(いつになったら入荷するのでしょうか!)

午後。休み中にやろうと思っていたことの一つ、髪を切る。それも、新年なのでちょっと変化を希求する気分がなきにしもあらずで、どこか別の、美容室、といったお洒落なところに行って髪を切ってやろうか、などと考えてみたのだったけれど、どこに行くのかという候補地の見当がまったく付かないので、めんどくさくなって、結局はいつもと同じところに行った。いつもと微妙に違う感じに切ってもらった。その後、ジムに行く。夜、ガトーショコラを焼く。

月曜日。朝、ガトーショコラを食べる。昼、外食。これも休み中にやろうと思っていたことの一つ。今年はせめて2週間に1回くらいは外でちゃんとした食事をしようかと思っている。もちろん外食自体はいままでもしているけれど、そういう、そこらへんの適当なものを適当に食べるというのではなく、ちゃんとしたおいしいお店を探して、面倒くさがらずわざわざ食べに行く、それを楽しみの一つとして人生の満足度をあげる、ということをしたい。で、今日のお昼は天童のやま竹というそば屋で天せいろを食べた。

その後、ジムに行く。「ジムに行く」というのは休み中に必ずやろうと思っていた項目ではなかったけれど、3日間とも行くことになった。バイクマシンに精が出た。夜、DVDで『ウルフ・オブ ・ウォール・ストリート』を観る。と、書いて、いざ観ようと思ったら『ウルフ・オブ ・ウォール・ストリート』は180分もあったので、そんなに遅くならないうちに寝たいという習慣なので、借りてきたもので一番短い105分の『危険なプロット』(フランソワ・オゾン監督)に切り替えて、これから観る。


『ゴーン・ガール』を観に行くなど

正月休み明けの一週間が過ぎてほっとしたところである。今年もまた、休むために労働に励むのだろう。

週の真ん中あたりの日の、今年最初の、と思って行こうとしたジムは休館日だったので、家で本でも読んでいてもよかったのだけれど、新年で気分的に浮かれていたためか珍しく映画館に足を運び、デヴィッド・フィンチャー監督の『ゴーン・ガール』を観に行った。非常に恐ろしい映画。そしてむちゃくちゃ突き抜けている会心作であった。これは大変なものを観てしまった! という感じ。何もかもすごい。あの大変ショッキングな血みどろのシーンも、どこか美しくさえ感じられたりもした。

今年観た映画ではだんとつで1位をつけたい。なにしろ今年最初の映画だから(…じゃなかった、考えてみれば正月に家で『スタンド・バイ・ミー』を観ていたので、まあ、2本目である)。それはともかく、昨年の秋くらいに『ゾディアック』や『ファイトクラブ』を見直したりして、デヴィッド・フィンチャーやばい、すごいと思っていて、そこにきて新作『ゴーン・ガール』も大変な評判だということで気になっていたのだった。案に違わずこれは観に行ってよかった。映画館で観る映画はやはりよいので今年はもう少し映画館に行こうかなあとも思った。

次の日はジムに行って、10日振りくらいにエクササイズを行った。正月は雪かきを少ししたくらいだったから、少し体重を増やせたかと思ったらほとんど変わっていなかった。オフシーズンは少し体重が増えるくらいがいいのではないかと思わないでもない。というか、体重に変化がないということは、筋肉量も増えていないのではないか。私がジムでやっていることって、何か意味があるのだろうか?


2014年のライドを振り返る

2014年のライドを振り返って、いくつかのライドをピックアップしてみます。去年何が楽しかったのかというのを参考に、2015年はより充実した自転車生活を送ることができれば、と。

こうやって楽しいライドの思い出を貯蓄していくことで、来るべき人生の長い下り坂のーー今はまだ緩やかに登っているのだと願いたいのですがーー、その転落の最中に、かつて自分にもこんな喜びの実感があったのだと記憶をよみがえらせては心の支えにする、そのようなものを残したいのです。まあいいや。あげていきます。

 

67790023

去年は雪が少なかったので、なんと1月にも走っていた。さすがに平地をちょろっと走るくらいだったけど、山形で1月にロードバイクに乗れたなんてたいへんラッキー。

今年は、この雪の降り方では完全に駄目ですね。ただ、聞くところによると、車で雪のない太平洋側まで行って走る人もいるようですね。さてどうしようかな。僕は、ジムでエアロバイクでいいかなあ、などと思ったり。冬場は本来のインドア派の引きこもり心性が強く働くわけで…。

 

93870025

春、仙台に行って原田さんと走行会。シーズン始めなのに、いきなりキツいコースを走らされてしんどかったです。

 

00380026

ヒルクライムレースに初参戦。当日は大変な悪天候でしたが、けっこういいタイムで登れました。ヒルクライムレースは自分のペースで登っていればいいし、初心者も参加しやすいですね。今年は他の大会にも出てみたいです。

 

38420011

蔵王に登ったこと自体、実は去年が初めてでした。蔵王に登ってみて自分の自転車レベルが一段階上がった気がしています。特に春先ですが頂上付近の雪壁を縫って走るあの感じは、それまで味わったことのない感覚で、まあけっこうな高揚感を覚えました。

それから大会も含めて何度か蔵王に行きました。この日は笹谷を越えてから宮城県側から登るというチャレンジ。あ、笹谷峠も初めてでしたね。こんなコース、以前だったら走れるとも思えなかった。今年もいろいろとルートを開拓したい。

 

38400024

東北をちょっとずつ乗り継いで一周してみようと、一昨年から始めたシリーズ。去年は秋田から青森まで。

寄り道して見にいった十二湖がよかった。自分は山道の鬱屈じゃなくて鬱蒼とした道が好きなんだなあと再認識したりしました。翌日は津軽半島を一周して青森へ。

 

49330010

秋から冬にかけては何かと仕事が立て込んで、休みも土日に取れなかったりしていたのだけど、こちらの大会日とはうまいこと休みが合いました。このサイクリングには何かと縁があるようです。春の「ツールドおぐに」も雨ながらよかったですが、きのこサイクリングでは、小国の峠のまさに絶景といえる眺めに出会えて感激。

まあでも、一年間いろいろあったつもりでも振り返ってみれば数えるくらいしか自転車に乗っていないじゃないか…という感じ。今年はもっと乗りたいというか、こんなに楽しいことがあった! と喝采をあげられるようなライドを増やしたいです。

乗り始めの頃は、人がお膳立てしたコースを走るのはつまらないんじゃないか、と偉そうに思っていた時期もあったのですが、今はそんなこともなく、私の自転車生活の質すなわち人生の幸福度を高めるためにはできるだけ人に頼っていくのがよい、と思うにいたりました。そういうわけで今年は人のライドにどんどん乗っかっていきたいわけです。今年もよろしくお願い致します。