新車を買ったんだ日記

63370003

そういえば、黒猫を見かけると縁起が悪いなどと言うこともあったのでしょうか。もしや何らかの不注意があり電柱に突っ込んだりダンプカーと正面衝突したりして車がぺしゃんこになってしまうかもしれない、今日は出勤するのはやめにして大人しく家で寝ていよう…などと思ったわけではありませんが、ふだんは迷信なんかにはほとんど頓着しない性格でもなんとなく気にかけてしまう、新しい車を買った次の日の朝でした。

前日の納車日、夕方暗くなってからだったけれど、以前の車と引き換えにディーラーで新しい車を受け取ったのでした。僕は今時の若者であるので、車などには特段に興味もなかったわけです。車がないと生活が不便な田舎なので必要に駆られて買っただけ、ふつうに動けばなんでもいい、などと思っていたのでしたが、いざ実車を目の前にしてみると、これは! と、たいへんな高揚感を覚えました。くもりのない塗装の美しい輝き。埃の一つもない車内空間。新しい工業製品の匂い。これはまさ新車である。これが私の車なのだ(庶民向けの小型大衆車ではあれど)! とてもいい気持ちがしました。

とまあそんな感じで新車に乗り換え、今は納車から3週間ほどで500kmほど走ったところで、汚れの一つもつけたくない、ピカピカのままに維持したいという過敏に神経質になる期間も過ぎつつありますが、それでもまだ僕の愛車(と呼びたい)を見る度に気分が高鳴ります。鮮やかな水色の車にしたのもたいへん良かったと思っています。

63370005

63360035


最近の自転車日記

51330011

自転車は、イベントでもなければ一人で自分のペースで走りたい人間であり、ただ一緒に走ってくれる人がいなくてと言ってもいいのですけれど、とにかく一人で気ままに走ることが多いのですが、この秋くらいからときたま誰かと一緒に走ったりしていました。

相手はクロスバイクを乗り始めて数ヶ月というくらいで、走ること自体が楽しみであり目的であるというような禁欲的な乗り方を指向するわけでは、当然ありませんが、いきおい赴くのは近場の、とはいってもロードバイクにとってはということですが、カフェで、お茶したりスイーツを食べたりする感じのライドで、それはそれでとっても楽しくって、こういうのを、なんでしょうね、リアルが充実しているというのかもしれません(一人で走っているときだっておれ生きてる感があって充実はしていましたよもちろん)。

51330022

63360012

63360017

63360033