最近の日誌(〜0109)

お正月が終わって仕事が始まったと思ったら風邪をひいた。頭痛がしてぐずぐず鼻水が出た。3日間くらいぐずぐずフラフラしていて、いまはようやく治まった感じ。早めに帰って食器も洗わず洗濯もせず、着たものの片付けもせず、ふとんの中でDVDや読書などをして安静に過ごすよう努めた。DVDは『セッション』を観た。

読んでいるのはミシェル・ウエルベックの『地図と領土』。年末年始のお休み中に読む一冊として準備していたが、(例年そうしようと思っているのだが)けっきょく読書漬けの休みにならなかったのでまだ読み終わっていない。でも思ったほど読みにくいという感じの小説ではなく、むしろすらすら読めてしまう感じ。とても面白くて、あ、これは…面白いな…と思いながら読んでいる。

ケータイ代を節約すべく格安SIMに乗り換えた。休み中に申込んでいたSIMカードが届いたので開通手続き。docomoを解約して(どこがいいのかわからなかったのでなんとなく選んだ)IIJmioへMNPした。これで月々5000円くらい安くなるはず。

海外から荷物が届いた。冬だから自転車に乗らないくせに補給食を備蓄しておきたい気分になり、通販サイトを物色してポチっていたのだ。買い物なんか暇なときに済ませておくのがいいでしょう。ホワイトチョコレートマカダミアナッツをとオートミールレーズンウォルナッツを一箱ずつ、あとカフェイン入りのエナジージェルも一箱。ついでにセールで安くなっていたBCAAも。クリフバーは初めての購入。補給にはいつもは近所のドラッグストアで売っているカロリーメイトまがいのものを齧ったりウィダーインゼリーまがいのものをすすったりしていたが、いい気分で走れるというのが一番の目的であるから、今度は少し補給食もランクアップさせたい。

今週はこんな感じでした。

“そしてアパルトマンは片づいていないだけでなく〈不潔〉だった。シーツはほとんど茶色くなり、何かの染みが散っていた。
「本当ね、いかにも独身男の住まいだわ……」オルガはおどけた口調でいった。”  ——『地図と領土』

DSC_7705


今年のクリスマスのこと

DSC_7548

悲しむべきなのか喜ぶべきなのかわかりませんが、私の今年の忘年会は0件ということになりそうです。しかしながら、そうした職場の同僚や仲間の集まりはまあ別にいいとしても、個人的にはやはりクリスマスなどには、出来る範囲でちょっとした晩餐会を設け、日常から一段高められた華やかなひとときにおいて、おいしい料理を楽しんだり過ぎゆく年を惜しんだりしたいとは思うのです。

クリスマスは平日でしたので、そのちょっとした御馳走の日は週末にしよう、手作りしよう、ということになりました。メニューは次のようなもの。

ピクルス、キッシュ、ビシソワーズ、きのこのリゾット、ハニーマスタードチキン、チーズケーキ(佐藤屋で買った)、りんごとシナモンを漬けたお酒をジンジャーエールで割ったもの(もっとも私はお酒がダメなのでほぼジンジャーエール)。
 
DSC_7532

当日は近所のスーパーで食材を買って、予約していたケーキを取りに行ったりして、夕方から料理を始めました。普段は全く使っていないテーブルも部屋の真ん中に。卓上には午前中つくったキャンドルーー自分ひとりだったら絶対行かないだろうキャンドル作りのワークショップに参加してきたのですーーを並べ、早速火を点してみました。

が、ドライフラワーに火が付いて燃え上がり危うく大惨事となるところ(!) まあ大惨事は大げさかもしれませんが、でも火の元には注意し過ぎるということもないでしょうね。観賞用としてならまだしも実際火を点して使用するならロウソクにゴテゴテ飾りを付けるのは止した方がよいと思われました。それからはというと、大丈夫そうなキャンドルのみ火を付けて、そのか細く暖かい光で食事をするなどしてみたら、思いのほか雰囲気がよかったです。

料理はどれもこれもおいしく出来て満足でした。特によかったのは、メインにもかかわらずあまり期待していなかったチキン。はちみつとマスタードにカレー粉を少々加えることで、なんというかエキゾチックな味わいがして非常においしかったです。今年のクリスマスはそんな感じでした。


最近の日記

68390021

パタパタした日々が続いています。年末だからでしょうか。でも、そうとも限らないのかなあ、このまま永続的にパタパタと忙しい日々を送ることになるのかなあ、というちょっとした不安もあります。このまま忙しさに埋没したまま老いていき、残るのは虚無感だけ、そんな人生を送っているのでしょうか…。出来るだけ、やることを減らしていくように舵取りしていきたいです。せめてもう少し本を読む時間を取り戻したい、というのが最近の希望です。あと、いまのところ雪が降らないでいるのがいいですね。

最近ミキサーを買ってみました。以前からお菓子を作るときでペースト状にしたりする作業でミキサーがあればいいなあと思っていたのですが(といっても最近はさっぱり作っていない…)、なんとなく急に思い立ってポチったのでした。むしゃくしゃしていたのかもしれません。じゃがいもや豆なんかのポタージュを作ったり、バナナジュースを作ったり、スムージーを作ったりするのに重宝しています。洗うのが面倒で使わなくなったらどうしようと思っていましたが、幸いそんなこともなかったです。けっこう使っています。

最近のジム日記。週に1回くらいのペースでジムに行く感じでしょうか。体を動かさないと、体も精神も調子が悪くなるのが分かっているんですよね。なので、最近ジムにも行っていないなあと思っちゃう時点でなんかもう気持ち悪い。自転車に乗れない冬の間はもう少しジムに行く頻度を増やしたいところでもあります。そういえば、来年は蔵王ヒルクライムも無事開催されるようですね! 5月開催なので、自転車シーズンが始まってけっこうすぐなんですよね。冬の間からある程度走れるようにしておきたいのです。


新車を買ったんだ日記

63370003

そういえば、黒猫を見かけると縁起が悪いなどと言うこともあったのでしょうか。もしや何らかの不注意があり電柱に突っ込んだりダンプカーと正面衝突したりして車がぺしゃんこになってしまうかもしれない、今日は出勤するのはやめにして大人しく家で寝ていよう…などと思ったわけではありませんが、ふだんは迷信なんかにはほとんど頓着しない性格でもなんとなく気にかけてしまう、新しい車を買った次の日の朝でした。

前日の納車日、夕方暗くなってからだったけれど、以前の車と引き換えにディーラーで新しい車を受け取ったのでした。僕は今時の若者であるので、車などには特段に興味もなかったわけです。車がないと生活が不便な田舎なので必要に駆られて買っただけ、ふつうに動けばなんでもいい、などと思っていたのでしたが、いざ実車を目の前にしてみると、これは! と、たいへんな高揚感を覚えました。くもりのない塗装の美しい輝き。埃の一つもない車内空間。新しい工業製品の匂い。これはまさ新車である。これが私の車なのだ(庶民向けの小型大衆車ではあれど)! とてもいい気持ちがしました。

とまあそんな感じで新車に乗り換え、今は納車から3週間ほどで500kmほど走ったところで、汚れの一つもつけたくない、ピカピカのままに維持したいという過敏に神経質になる期間も過ぎつつありますが、それでもまだ僕の愛車(と呼びたい)を見る度に気分が高鳴ります。鮮やかな水色の車にしたのもたいへん良かったと思っています。

63370005

63360035


お菓子作りの季節

ぽつぽつと作っていたけれどアップしていなかったお菓子など。

95140019

紅茶のパウンドケーキ。わりと良いめの茶葉をゴリゴリと砕いて生地に混ぜ込んだ。でもまだちょっと荒かったので茶葉が口に触る感じ。もっと細かくていい。でも香りは、良いのを使っただけあってけっこうよかった。

95140025

じゃがいもにブルーチーズとくるみ、レーズン、はちみつ、のキッシュ。

05740005

不知火のタルト。これはかなりおいしかったです。久々のヒット。果汁が煮詰まって凝縮されたおいしさ。

05740033

柑橘系のものを焼き込んだタルトというのが面白いと思ったので、文旦でもやってみましたが、こちらはそれほどおいしくなりませんでした。

05750025

ガトーショコラ。焼き込み系のタルトはしっかり焼き切って水分を飛ばすのが好みだけれど、ガトーショコラは焼き過ぎがタブーらしい。これは焼き過ぎ。もっと半生みたいな状態でもいいのかも。

今の時期、室温が寒すぎず暑すぎず作業がしやすくっていいです。


4月19日の霞城公園

日曜日。昼になれば人でごった返すと思われたから、早朝の時間に見頃を迎えた桜などを眺めに行ってみようかなと、朝早起きして霞城公園に行ってきました。朝は光がきれいで本当にいいです。

そういえば去年などは自転車通勤もしていたので、この時期は霞城公園の中を通って桜の咲き始めから終わりまで見ていたものでした。今年はなんというか余裕がないので季節の変化に順応できず、ずるずると冬からの車通勤を続けていた。たぶん自転車の方が、時間的にも気持ち的にも楽に通勤できるはずなのですが。

05750010

05750022

05750023

05750033


3月の終わり

95150005

3月は仕事がたいへん忙しかった。自転車もとっくにオーバーホールから帰ってきているし、すでに季節は春に差しかかって週末は晴天に恵まれていたのに、まったく自転車にも乗っていない。ジムに行く暇もなく、映画を観る暇もない。ただ家に帰って寝るだけであった。おまけに忙しいさなかに体調を崩して数日寝込んだ。私の慎ましくも大切な日々が、破綻しかけている。非常に遺憾である。

醒めやらぬ頭に、ここまでの登り道は夢の中の出来事で、自分は単なる大地の稜線以上のものを登ってきたように思えていた。掘り起こされ掘り尽くされた領域を後にして峠に達し、今や目の前に開けたまっさらな土地に向けて、決定的なスロープを下り始めている。このまま行くしかない。ここで引き返して再び坂を登っていくのは、もはやあまりに、しんどいことのように思えた。  ーーLAヴァイス


最近の日記(3/1〜7)

Untitled

3月1日、フォーラム山形に『百円の恋』を観にいく。映画がというか安藤サクラがとってもよかった。安藤サクラを観るためだけの映画なのだろう。
2日、DVDで『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(ダグ・リーマン監督、2014年)を観る。
3日、帰りが遅くなった。駆け込みでジムの風呂に入りにいく。
4日、帰りが遅くなった。ジムは休館日。
5日、ジムで筋トレ少しとエアロバイク30分。
6日、DVDで『フルートベール駅で』(ライアン・クーグラー監督、2013年)を観る。
7日、ジムで筋トレ少しとエアロバイク45分。春めいてきた、とまでは言えないけれども、雪もなくなったので、新しい靴をおろして、散髪に行く。デコポンのタルトを焼く。

トマス・ピンチョンの『LAヴァイス』を読んでいる。映画は何も考えなくても勝手に物語が進んでいくけど、本は自分から読まないと進まないし、それも読むのに慣れてこないとサクサクとは進まない。2週間読み進めてまだ半分といったところ。返却まであと1週間、読み終えられなさそうである。

はい、こちら、バカ・アンリミテッド。行くのは最初、知るのは最後。私どもドジでマヌケなやり方で、あなたの晩をどう台無しにいたしましょう? ーー『LAヴァイス』