2015年のライドを振り返る

距離:2,544.3km
時間:115時間6分
獲得高度:44,327m
ライド:43回

去年より乗っていなかった…。平日の朝に乗れるかどうかで距離はだいぶ変わると思うのだけど、今年もそれがさっぱりできなかった(夜にジムに行ったりしてることもあるけど)。毎年毎年「今年はもっといっぱい乗りたい」と思っていながら、毎年同じような走行距離なのだから、もしかするとこのくらいが僕にとって無理なく乗れるちょうどいいペースなのかも。

 

普段のライド

基本的に自転車に乗るといったらヒルクライムしに行く、という感じ。今年はホイールも新調したこともあって、なんとなく去年よりも気持ちよく登れていたなと思います。

今年いちばん登ったのは蔵王でしょう。「とりあえずどこかに走りに行こう」みたいなとき、行き先に自然と蔵王を選ぶようになった。春先は火山の通行規制で途中までしか登れなかったけど、6月には無事規制も解除。来年は蔵王ヒルクライム大会も再開されるとのことですので楽しみですね。

51340001

 

ちょっと遠くへ

自転車に乗り始めたころは、わりとロングライド系の乗り方に憧れていました。輪行なども組み合わせて遠くまで行く、旅っぽいのが面白そうだったのだ。ところが最近では、走る時間は短くていいというか、気持ちよく走れる時間だけ走れればいい、みたいに思っているふしがある。

「ひとりぼっちのツールド東北」シリーズも今年はお休みしてしまいましたので、今年の遠征はといえば、福島の磐梯吾妻スカイラインとその周辺を走ってきたことでしょうか。とはいえ、ここに向かったのもヒルクライム的な興味が大きかったからでしたが(走行距離もそれほどでもない)。浄土平はかなりよかったので一年に一回は登りたい。

22470024
 

大会・レースなど

今年参加したイベントはこのくらい。ヒルクライムレースにはもっと出てみたいなあと思っていたのでしたが、結局出たのは2大会だけ。そのうちの一つ、今年一番のビッグイベントになるはずだった乗鞍は、どしゃぶりの雨で撃沈でした… 

46420009
 

その他のこと

秋くらいから、交際している人と一緒にサイクリングするようになりました。彼女はもちろんガチなローディーというわけではないので、乗り方としてはいわゆるポタリング的なやつですが、まあ楽しいです。彼女のバイクも来春にはロードバイクにグレードアップするそうです。来年はもっと一緒に乗る機会が増えそう。飽きずに長く続くといいね。

僕も「そろそろ新しいフレームがほしいなあ」と、ここ2、3年くらい思っている気がするけれど、これ!というのが見つからない。1台目だったら「なんでもいいからとりあえず乗れればいいや」となるけど、2台目となると「もうこれしか考えられない」というのがほしいし買いたい。給料袋の厚みからいってそう何台も買えるわけではないからである。ほしいのが出てきたときに微塵の迷いもなくポンと買えるよう、せいぜい今は一生懸命節約してーー朝と昼は「小麦の想い」(ヤマザキの安い食パン)を食べるなどしてーー貯金したいです。

51340012

 

2014年のライドを振り返る

 


最近の自転車日記

51330011

自転車は、イベントでもなければ一人で自分のペースで走りたい人間であり、ただ一緒に走ってくれる人がいなくてと言ってもいいのですけれど、とにかく一人で気ままに走ることが多いのですが、この秋くらいからときたま誰かと一緒に走ったりしていました。

相手はクロスバイクを乗り始めて数ヶ月というくらいで、走ること自体が楽しみであり目的であるというような禁欲的な乗り方を指向するわけでは、当然ありませんが、いきおい赴くのは近場の、とはいってもロードバイクにとってはということですが、カフェで、お茶したりスイーツを食べたりする感じのライドで、それはそれでとっても楽しくって、こういうのを、なんでしょうね、リアルが充実しているというのかもしれません(一人で走っているときだっておれ生きてる感があって充実はしていましたよもちろん)。

51330022

63360012

63360017

63360033


小国町わらびサイクリング2015

30510029

6月27日土曜日。今年も小国町のわらびサイクリングに参加。

タイムトライアルではいつもの通り前半区間は誰かの後ろについていき、後半のヒルクライム勝負に持ち込みたかったのだが、スタートが割と前の方だったこともあって、いきなり一番前に出てしまった。やべえ、風がつれえ、早く誰か来ないかな、と思ってチラチラ後ろを見てみたが、なかなか来ず。このままずっと風を浴びて走ることになるのか、と思っていたら、「ご一緒しますか」と声をかけてくれる方が一人。

しかしこの人速くねえか、これはちょっとオーバーペースなんじゃないの、っていう。一度前を引いた後、後ろに下がるときに「ついていけないみたいなんで…」と先に行ってもらうように弱音を吐いたら「いやいや、頑張りましょう!」と。

弱虫ペダルを読んでいなかったら、「いやマジ勘弁…。無理無理」とかいってフェードアウトするところだったが、熱血漫画に感化されていたので「行くっきゃないっショー!」と必死でくらいつく。

そこから2人で回していく。いまいちローテーションの経験がないのでどのくらいのタイミングで交代すればいいのかよくわからなかったのだが、合図を出していただいたりしてなんとか引っ張り合いながら進む。
とはいえこのペース、心拍も脚もかなりいっぱいいっぱいで、アップダウンで徐々についていけなくなって力尽きた。ヒルクライムで競るどころか大きく離されてゴール。

TTで疲れきってしまい、残りのコースをゆるゆると走ってしまうのは前回と同じ。樽口峠の山頂に到着と同時に雨が降ってきた。景色を堪能する前にさっさと出発するが、最後の最後で土砂降りにあってしまった。

30510033

30520003

30510036


ツールドさくらんぼ2015

30510015

6月13日土曜日。3回目、3年連続の参加。

ゴール後にテレビカメラを持った人が、取材をしているんですけれど、ちょっといいですか、と寄ってきて、自転車に乗っていて大変だと思うんですけど、何が楽しいんですか、みたいなことを聞いてきた。とっさにうまい答えができるほど気が利いているわけでもないので、はあ、まあ、つらいのが楽しいです、みたいなことを言うと、なんとなく会話も膨らまず、カメラは別の人の方に寄って行った。夕方のニュースで僕のインタビューが使われることはないな、と思った。

何が楽しくて自転車に乗っているのか、去年おととしもこの大会でそんなことを考えた気がする。

30510005

30510016

30510023

最近になってようやく「弱虫ペダル」を読みはじめた。作中に真波山岳くんというキャラがいる。インターハイの3日目、最終ゴールに向かう登り坂の途中で、真波くんは勝負相手の御堂筋くんにこんなことを話しかける。

「キミは学校で授業うけている時”生”を感じる? オレは感じない」と。

真波くんは、自由で奔放なマイペースキャラで、自分の好きなこと以外は何もやらない、といった感じの天才肌なのだが、そんな真波くんがなにより好むのは自転車で坂を登ることだ。しかしながら、自転車に乗って坂を登るという行為は、自由とはほど遠いものようにも思える。鉛の足かせを付けられるかのような、重力の影響をもろに受ける傾斜面においては、自転車で走るなど自由どころか不自由そのものといってもいい。

真波くんはよりによってそのような不自由な道の上で、極限まで自らを追い込むような、ぎりぎりの勝負を好むのだという。なぜか。

真波くんは、こう続ける。

それってすごく”死”に近いと思うんだ けれどわかるだろう
人は誰しもそうなんだ そういう時に湧き上がるんだよ
自分が本当に生きてるって感情が

30510011

30510012

ツールドさくらんぼの一番の難所は葉山ヒルクライムで、コースの序盤にして良くも悪くもこの大会のメインディッシュが現れる。ここのせいで、楽しく走りましょう的なファンライドにしてはその完走の難易度を一気に引き上げている気がする。完走率がどのくらいなのか知らないけど。

今年は葉山の登りの前に工事区間があり、その砂利道をゆっくり歩いて渡った。そして工事区間が終わって登りが始まる。まあ、今回はのんびり登ろうと思っていたのだが、ふと坂に差しかかると、いつもの通り負荷をかけて登り出していた。すぐに汗が噴き出して、息も乱れたけれど、そのまま力を入れて登り切った。自然や道をちゃんと感じ取ろうというとき、のんびりペダルを回していては何にも感じないように思った。

もちろん僕は真波くんのレベルとはぜんぜん違うけれど、どうして自転車に乗るのかといったら、真波くんが語っていた感覚と近いのかもしれないと思った。

30510022

30510025


最近の自転車日記

22460010

去年は乗った自転車の記録を一個一個このブログに書いていたと思うのだが、今年は全部は書かなくなってしまったな。最近の自転車の乗り方としては、やっぱり乗るの週末だけで、平日の朝に走るということは全く出来ていない。平日は夜時間があるときはジムにいってトレーニングをするので、それでもういいやという気になってしまう。

週末はまああいかわらず山に行ってヒルクライムが中心だけれども、家から出て山の登りまでが3、40分くらいあって、そこまでをアップする感じで走って、メインは山登りで、登って帰ってトータルで3、4時間くらい、という感じ。このぐらいが自然で気持ちよく走れる感じ。それより少ないとちょっと物足りないし、それよりもっと多くするならもう少し心構えとか目的(浄土平に行くぞ、とか)がいる。

22460009

22460025

22460023

あと変化としては、ライドの途中でとる休憩時間もだんだん減ってきているような。自転車は下りや平地は漕がなくても進んでくれるのでそれが休みみたいなものだし、別に立ち止まって休んだところで、体が冷えてよろしくないだけなんじゃないのか。それに、ライド中はいつも「早く家に帰りたい」と思っているふしがあって、いつもというか、もちろん、走っていて気持ちがいいなあ、景色がいいなあとか、もっと頑張って走ろうとか、そういうことも思ってはいるのだが、それだけでなくもっと雑多なことがゴチャゴチャ渦巻いているのが人間の頭の中というわけで、じつのところけっこうな割合で「早く帰りたい」という気分が混じっている。

13010026

最近の補給食は、ジェル一個と顆粒のアミノ酸。あとちょっとまえに、エナジーバーを手作りして持ってみた。オートミール、ナッツ、ドライフルーツに、豆乳、シナモンなどを混ぜ合わせて焼き上げたもの。これ食ってパワーが出るか分からないけれども、とりあえずもそもそとした食感で、歯ごたえがありすぎて食べにくかったかな。エナジーバー作りは、もうちょっと研究してみたい。

大変に気持ちのよかった5月も過ぎ去った。5月ってこんなにいい季節だったのかと再認識した。それでもって、6月もとっくに2週が過ぎて梅雨入りするとかしないとか、もう明日(っていうか日付が変わってしまったので今日は)ツールドさくらんぼである。

22460008


磐梯吾妻スカイライン/浄土平

22470028

5月30日。うららかな5月最後の週末に、磐梯吾妻スカイラインに行ってきた。前回まさかの通行止めだったので、そのリベンジの機会をうかがっていたのだった。ネットで道路状況を確認して、今度は大丈夫。前回は米沢から福島へ向かったが、今回はその逆、福島スタートとした。

朝、山形駅から始発の新幹線で福島駅まで輪行。福島駅で自転車を組み立てる。輪行バッグをサドル下に括り付け、いざ出発。駅からスカイラインまでは一本道。まだ朝の時間だというのに暑さを感じるようになった。本格的な夏になったらどれだけ暑くなるのか、もう早朝にしか乗らないことにしたい。(しかしこの「したい」というのは本当にそうしたいと思っているのになぜかできないという問題)

22470034

22470033

市街地を抜け出して登りが開始となり、汗がさらに吹き出してきた。でも山に入ると森の木陰が気持ちがよく、川のせせらぎと鳥の鳴く声が聞こえ、麗しいなあ、のどかだなあ、と思っていたけれども、足下の坂の具合はのどかというものでなく、鋭く荒々しい。

融雪仕様か何かで白い道路があってこれがまたキツい。山形の上山から蔵王に登るときにも白い道で10%超の激坂区間が数十メートルあるが、こちらはそれが数百メートルが続く感じ。淡々とペースを刻んで、上って行く。10%の坂をしばらく走っていると、5%くらいの坂はものすごく緩い坂に感じられる。

思ったほど交通量は多くはなかった。時々、バイクと車が追い抜いて行った。ポルシェが追い抜いて行った。所沢かどこかのナンバーの白いポルシェ。朝、東北道をかっ飛ばして福島までドライブというわけである。その存在感は他の車とは一線を画していた。きわめて曲線的かつ硬質なフォルムの後ろ姿が光を放っていた。たいへん美しかった。

22470031

22470032

上り続けていくうちに標高1000mを越え、1100mを越え、1200mを超えた。ふと気がつくと、前方に吾妻小富士が見える。周囲の植物の背丈も低くなり、いよいよ、山のてっぺんに近づいている。そしてごつごつした茶色い岩肌が出てきたと思うと、そこに浄土平の光景が広がった。これはやばい。否応なしにテンションが上がる。山肌から火山ガスが吹き出しているのが見えている。この別世界感、非日常感がすごい。まさに浄土。

火山ガス注意、という立て札があり、車の窓を開けるな、と注意しているけれども、窓も何も、こっちは自転車なのでぜえぜえと息をしているのである。火山ガスを吸いまくるのは不可避である。でもまあ、それほど匂いも感じなかったけれども、興奮してわからなかっただけかもしれない。

22470025

22470024

浄土平レストハウスに到着した。吾妻小富士には山頂まで歩いて上って行けるが、今回はパス。レストハウスの自販機で水などを調達して、ちょっと休憩。

ここからもう少し上っていくと道路最高点の1622m地点があり、そこを通り越して下りに転じる。途中途中の絶景ポイントでは人々は車をいちいち停めて風景に見入っている。その中にいたのが先ほどのポルシェで、たいへんに上品で身なりのよい、教養のありそうな男女が乗っていた。私もポルシェを乗り回す人生を送りたかった。始発の電車にドタバタと自転車を持ち込んで人々に迷惑そうな目で見られるのではなく、自宅の広いガレージから優雅に車を駆り出して庶民の羨望の眼差しを集めながらドライブする、そんな人生を。そんな人生においては、自転車なんか床の間にでも飾っておけばいい、と思った。

22470022

22470017

22470016

優雅とはほど遠いドタバタとしたブレーキングで坂を下り、今度は磐梯吾妻レークラインに入る。ここからは前回通ったルートを反対に走るだけ。緩やかなアップダウンが続くレークライン区間を攻略し、こちらも最高点を通り過ぎ、補給ポイントのコンビニに到着。T字路を右に、米沢方面へ。最後の登り、西吾妻スカイバレーへ突入したものの、脚の疲れも感じはじめていて、ああこっち側も傾斜がきついなあ、などと思いつつ、やっぱり優雅とはほど遠いノソノソとしたペダリングで登坂して山頂の県境へ到達した。

この西吾妻スカイバレーではヒルクライム大会もやっているようである。たしかに、いい坂ですなあ。このぐねぐねうねっている坂は「東鉢山七曲り」というらしい。

22470012

22470008

22470009

峠を下って米沢の市街地へ向かおうとするとき、工事区間の信号待ちで一人のロードバイクに追いつき、あ、どうも、とあいさつをした。少し話したところ、聞き間違いでなければ、「片道100kmくらい、その辺を走ってきたところ」だという。その辺、と簡単にいうけれども、それってたぶん僕が走ってきたコースを2回繰り返す感じなんじゃないのか。獲得標高5000mくらいいってるんじゃないのか。意味わかんねえ。

米沢駅からまた輪行で山形へ。ちょうど次の電車が新幹線だったので帰りも特急で。

浄土平は楽しみにしていた場所だったが、期待以上に素晴らしかった。米沢から行くにしろ福島から行くにしろ、僕の家からは車か電車を経由して行かないといけないが、それでもまた何度でも来たいと思う場所のひとつになった。

22470005

22470004


蔵王は今日も通行止め

13020006

あちらでもこちらでも、山は噴火の予兆に満ちている。

ここ蔵王山も火山活動が活性化が見られるらしく、お釜近辺まで上るエコーラインは雪解け後に開通することなく通行止めになったままだ。火口周辺が規制区域とはいっても、実際に通行止めのゲートが閉じられているのは、それよりもだいぶ下の方である。実質的に、今は蔵王の半分くらいまでしか上れないようなものなのだろう。

自転車シーズン真っ盛りに蔵王を存分に走れないのはたいへん残念に思う。蔵王は、たぶん僕の自転車の乗り方に合っていると思うから。もう少し標高の低い場所を走るときなんかは、高強度で速く上る走り方が求められる気がする。だけど長い長い上りだったら、ほどほどのペースで上っていてもなんとなく言い訳できる。そして、上へ上へのぼり詰めてようやく到達したその場所では、息をのむ山岳の風景に迎えられるのだ。

何はともあれ、連休中、いちど福島方面に行った以外に向かった先といえば、やはり蔵王であった。エコーラインにも向かってみたが、とうぜんゲートに突き返された。先には行けないとしても、そこまでは行ってみる。この辺では、それでもそこが一番高い地点だから。

13020009

5月4日。蔵王温泉まで。

いつもより若干早起き。夏に備えて、朝の時間に走る癖をつけておきたい。ところが慌てて家を出たため、ボトルを忘れてきてしまった。お金も持ってきていなかったが、取りに戻るのも面倒だったので、そのまま行く。朝はまだ気温も低く、ジェルも1個持っていたのでなんとか大丈夫かなと。少なくとも蔵王温泉まで行けば、湧き水の出ているところがあったはず。西蔵王の途中にもあったような(なかったような…)。

西蔵王高原を経由して上って行くのが最近よく走るルート。上り始めたらひたすら上るだけ、というのではなく、こちらからは平地や下りも経由するから、息抜きもできて具合がよい。無料開放となった西蔵王高原ラインを抜け、蔵王温泉へ。

水の出ているところまで、温泉街から思っていたよりもけっこう先にあった。標高100mくらいを上乗せ。まあでも脱水症状などもなく、無事に水分補給して本日はこれにて下山。

13020029

13020031

5月6日。蔵王温泉からエコーライン通行止めゲートまで。

通行止め地点が1、2kmくらい先へ移っていた。どっちにしろ上まで行けるわけではないのだから、一般的には何の意味もなさそうなものだ。自転車乗りにトレーニングの場を提供しようというわけではもちろんないにしても、何か意図があってのことだろうか。通行止め解除が近いと期待してもいいのだろうか。何にせよ少しでも上まで走れるというのはうれしい。

13020033

5月10日。蔵王温泉からエコーライン通行止めゲートまで。

風が強い日だった。山の気温も低め。ひんやり冷たい空気の感覚を、久しぶりに思い出す。走っている最中の、暑さと寒さが同居している感じ。

道路状況を確認しないで行ったら磐梯吾妻スカイラインが通行止めだったように、知らずに行ってみたらエコーラインが開通していた、なんてことがないかなと思ったら、そんなことはあるわけもなく、蔵王は今日も通行止めだった。

image

こう運動量が増えてくると、食べるのもトレーニングの一環として考えなくてはいけないのだろうね。ゴールデンウィークでもあるので、どうせなら気分のよくなる食事をしたい、と思い、大変気分のいい料理を食べに行ったりした。

13020034

13020014


米沢-西吾妻スカイバレー-磐梯吾妻レークライン-福島

13000037

5月3日日曜日が私のゴールデンウィーク初日。福島の磐梯吾妻スカイラインという山岳観光道路が非常に良いと評判で、私もロードバイクで行ってみたいと思っていたのでそのサイクリングを決行。朝はなるべく早めに起き、米沢まで車で向かい、駅の隣のパーキングにでも車を停めておく。自転車を車から降ろしてサイクリングの準備を整える。

そう、本日は米沢がスタートです。ゴールは福島駅に設定して、駅からは輪行で米沢に戻る計画。

13000033

朝7時30分、米沢駅を出発。気持ちのよい朝日を浴びて市街地を抜け白布峠に向かった。緩やかな登り始めから徐々に斜度が増していく。白布温泉のところが傾斜がきつく、10%を越える傾斜も現れた。先は長いため、無理すると後が怖いのでほどほどのペースで上って行く。

車でちょっとずつ移動しては望遠レンズで山の風景かなにかを撮っている写真愛好家の一行と、抜きつ抜かれつ峠の頂上を目指す。写真愛好家たちが滝に見とれている隙に巻き返して、先に頂上の県境へ到着した。

13000026

13000024

下っていくと先の方に桧原湖が見えた。素晴らしい眺め。眼下にはつづら折りの道がグネっている。この辺の道を西吾妻スカイバレーというのか。道に名前がついていると、特別な場所を走っている感がプラスされ、テンションが上がる。

桧原湖沿いの道を気持ちよく滑走。峠を下った勢いでスピードも乗り、非常に快調である。何台かロードバイクとすれ違った。

13000023

13000022

13000021

T字路に突き当たり、リゾート地仕様で色彩を抑えた店構えのコンビニに到着。バナナ、カロリーメイト、水、などを補給。右に行けば磐梯山のゴールドラインか。こちらもいつか行ってみたい。

13000019

13000018

ここから磐梯吾妻レークラインへ。名称の通り湖のそばを走る道であるが、だいたいは山の中を走っている感じ。最高点997m、この辺りからチラ見できる湖も壮観でよい。

13000016

13000015

さて、いよいよ本日の目玉の磐梯吾妻スカイラインである。入り口でちょっと迷った。案内が出ているからこっちでいいんだろう、と不安に思いつつ上って行くと、上から下りてきた自転車の方が、すれ違い様に「上まで上れませんよ!」と声をかけてきた。上れないってどういうことなんだ…と思いながら、行ってみると…ゲートが閉まっている! 蔵王と同じ×印がそこに。通行止めとか嘘でしょ。

ちょっと前に交通状況を調べたときは大丈夫だと思ったのに。火山ガス濃度が基準値より高いとかで、いつのまにか通行止めになっていたらしい。直前に確認しとけって話ではあるが、このタイミングで通行止めなんて、あんまりである。

13000014

13000012

ところで、別ルートってあったんだっけ。ここから引き返して白布峠を登り返すとか…ちょっとムゴすぎる。途方に暮れていると、そこに停まっていたキャンピングカーのリア充の方々に「そこに管理人がいるから聞いてみなよ」と親切に教えてもらい、その管理人には道を教えてもらい、無事福島には抜けられることがわかった。キャンピングカーの人には「どっから来たの? 山形! すごいねえ、頑張ってねえ!」などと大いに励まされたので勇気が湧きました。

お目当てだったスカイラインに行くことなく、115号で下山。こちらは車とバイクがビュンビュン行き交う国道であり、トンネルなどもあり、なかなか嫌な道であった。途中の道の駅なんかは、ここはバイクの聖地か何かですか? というほどバイクが停まっていて、自転車は完全にアウェー。

そそくさとまっすぐ福島駅に向かいます。福島駅で、輪行準備をしてホームに行くと、ちょうど新幹線が出たばかり。もうちょっとテキパキやれば間に合った。ベンチで座って次の列車を待つ。ふと見上げると、ホームからは山が見えた。あの山のどの辺にいたのだろうか、と目を凝らして見てみたが、よくわからなかった。

13000006

連休なので混んでいたら申し訳ないな、自転車が邪魔で、と思ったが、乗客はそれほどでもなく。でもまあ席に座らず連結部分で輪行バッグを抱えて立っていた。米沢ではちょうど上杉祭りをやっていてお祭りの雰囲気だったので、少しぶらぶらしていくことにした。

まずは近くの温泉に行って汗を流してと。それから上杉神社を巡り、屋台のたこ焼きなどを食べ、食事もしていこうと、米沢牛のステーキなどを食べさせるお店に。開店間もない早い時間に行ったけれど、大変な混みようだった。ちょうど僕が入って満席となった。ステーキは私の給料袋の厚みにそぐわないほど高かったのでハンバーグを注文した。

ゴールデンウィークなので普段のサイクリングにプラスαでお楽しみを満喫できればよいと思い、それなりに楽しみもしたけれど、やっぱりスカイラインを上れなかったというのは無念である。画竜点睛を欠いたライドだったと言わざるをえない。これはまた機会をうかがってリベンジを果たしたい。

13000004

13000002

13020019